English

保護対象・保護資産 | 私たちの取り組み | 公益財団法人日本ナショナルトラスト
ナビゲーション

北茨城市指定史跡

天心遺跡記念公園(旧日本美術院五浦研究所跡)

【 茨城県北茨城市】

image

ほかの保護対象・保護資産を見る

image

JNT保護資産第一号「天心遺跡記念公園」

岡倉天心とは

岡倉天心(1863~1913年)は、西洋化が急激に進んだ明治時代に、日本の伝統美術の優れた価値を認め、近代日本美術の発展に大きな功績を残しました。日本画改革、古美術品の保存、東京美術学校の創設、日本美術院の創立、ボストン美術館中国・日本美術部長就任など精力的に活動を行いました。また、天心は自筆の英文著作「茶の本」などを通して、東洋や日本の美や心を欧米に発信し、国際的な視野に立って活躍しました。1903年、東京美術学校の校長の職を辞した天心が、新天地を求めて茨城県の五浦と出会い、日本美術の近代化を目指した活動を展開していきました。天心は晩年、思索と静養の場として五浦に居を構え、その生涯すべてを自らの思想に捧げました。

天心遺跡記念公園(旧日本美術院五浦研究所跡地)

1906年、天心は、東京谷中にあった日本美術院第一部を大津町五浦に移し、通称「蛇頭(へびがしら)岬」の断崖絶壁の上に研究所を建設しました。研究所には、天心の居室や天心とともに五浦に移住した横山大観、菱田春草、下村観山、木村武山らの画室が設けられていました。彼らは、この地で天心の指導を受け、 画業に精進し、多くの代表作を生み出しました。その後、建物は失われ、作品を描くのに用いられた古井戸が唯一の遺構として残されました。
旧日本美術院五浦研究所跡は、日本美術史に欠くことのできない遺跡ですが、長年放置されていたため荒廃していました。公益財団法人日本ナショナルトラスト(JNT)は、1969年に第一次保護対象として「岡倉天心旧居とその周辺」を選定、1976年から保護整備を進め、1980年に「天心遺跡記念公園」として一般公開を開始しました。1985年には岡倉家より公園を含む土地が寄贈され、JNTの保護資産第一号となりました。整備された公園には、由緒にちなんだ筆塚や井戸跡、記念碑があります。また、その園名碑は奥村土牛画伯の筆によるものです。

現地からのメッセージ

ニュース

天心遺跡記念公園周辺の見どころ

保護資産について

管理資産
<土地>3,089㎡ 
所得年
天心遺跡記念公園 1985年 *寄贈
保護管理
保護管理委員会にて協議しながら整備を行っている。日常管理 清掃などは公益社団法人北茨城市シルバー人材センターに委託している。

ご見学・ご利用にあたって

一般公開日時

終日公開(休園日なし) 
公共地として開放しておりますので、ご自由に出入りすることができます。
*東日本大震災の影響で一部立ち入りができなくなっています。

入館料

入園無料

過去の利用例

映画「天心」(2013年 「天心制作委員会」) など
*映画の撮影やスチール撮影などのロケ地としてご利用いただけます。詳しくはJNT事務局までお問い合わせ下さい。

アクセス

【所在地】

茨城県北茨城市

【アクセス】

電車:JR常磐線にて大津港駅下車 タクシーで約5分
車:常磐自動車道北茨城インターおよびいわき勿来インターから約15分
*駐車場はございません。

お問い合わせ

■ 天心遺跡記念公園(旧日本美術院五浦研究所跡)

TEL
右記にお問い合わせください
FAX
所在地
茨城県北茨城市

■公益財団法人日本ナショナルトラスト 事務局

担当
根岸(ねぎし)
TEL
03-6380-8511
FAX
03‐3237-1190
所在地
東京都千代田区麹町4-5 海事センタービル4F
E-mail
negishi@national-trust.or.jp