(公財)日本ナショナルトラスト保護資産

天心遺跡記念公園・天心墓所
天心遺跡記念公園・天心墓所とは

特徴


公開


交通案内
     
◆天心遺跡記念公園・天心墓所とは

 岡倉天心が横山大観、菱田春草らを育てた五浦海岸の旧日本美術院五浦研究所跡地を1976年から保護整備し、1980年から公園として公開しました。1984年に岡倉家より公園を含む土地が寄贈され、トラストの保有資産第一号となりました。また天心墓地も寄贈され、管理を行っております。
 近代日本美術の創設者・岡倉天心が移り住んだ日本美術院跡を整備した公園には井戸跡と記念碑が残されています。天心の墓地は、旧居の向かいにあり、東京染井墓地から分骨された饅頭塚です。

◆特  
◆保有資産 <土地>3,089平方メートル 
◆所得年
 天心遺跡記念公園 
 1984年(昭和59年) ※寄贈
 天心墓地 
 1988年(昭和63年)

◆保護管理 清掃などは北茨城市シルバー人材センターに委託。保護管理委員会にて協議しながら整備を行う。
◆公  
終日公開(休園日なし) 入園無料  
◆交通案内  
所在地: 茨城県北茨城市大津町五浦
交 通 : JR大津港駅下車、タクシーで約5分

★地図は
こちらをご覧下さい。